海のもしもは118番 海で事故や事件にあったら

目次

118番ってなに?

みなさんは事件や事故があった時は110番に通報し、怪我や病気に関する緊急事態が起きた時、119番に連絡するのはご存知ですよね。
ほとんどの人は一生のうち、そんなに何度もあるわけではないと思いますが、知識として共有していると思います。

同じように、海上で何かあった時にかけるのが118番なのです。

しかし118番、日本の海上で事件または事故に遭遇した時に海上保安庁につながる緊急通報用の電話番号はあまり知られていないようです。
むしろ海上であっても、何かあったら110番、それか119番にかける人の方が多いと思います。
そのため有効通報率は約1%と低く、ほとんどが間違い電話やいたずら電話だそうです。
ちなみに、もしも無言電話がかかってきた場合、海上保安庁の職員の方は折り返しの電話を入れ、それでも反応がない場合は、航空機などを派遣し、事件や事故を確認すく場合もあるらしいので、いたずら電話は絶対にやめましょう。

どんな時にかけるの?

では、海上の事故や事件ってどういうものなのでしょうか?

  • 海難人身事故に遭遇した、または目撃した。
  • 油の排出等を発見した。
  • 不審船を発見した。
  • 密航・密輸事犯等の情報を得た。
  • 漂流・漂着木造船を発見した。

海上保安庁ホームページより

沖に流された、海に転落した(車などでも)、磯場で孤立した、なども118番の管轄になるようです。
「大物が釣れた!自慢したいから見に来て!」
などの用でかけるのは止めましょう。
勤務中なので見に行くことはできません。

もちろんただで助けてくれるよね?

もちろん、救助や捜索に掛かる費用を請求されるなんてことはありません。
警察官が市民の安全を守るごとに、金銭を要求しないのと同じですね。

ただし、日本水難救済会の「洋上救急制度」を利用することになれば、その人件費などの費用は請求されます。
一日あたり、医師一人、看護師一人で約22万円と、結構高額です。
その他「事業協力金」が一件当たり10万円かかります。

こういう時もありうるので、保険には入っておきたいものです。

番号を忘れちゃったら?

 

とはいえ、何かがあっても咄嗟に
「118番にかけよう」
とはなかなかならないものです。
その場合は110番、または119番にかけても、管轄が海上保安庁のものであれば、そちらに繋いでもらえます。

NET118

令和元年11月1日から聴覚や発話に障がいを持つ方を対象に、スマートフォンでの入力操作での緊急通報ができる
「NET118」
の運用が開始されました。
登録方法はこちらのリンク先にあるQRコードを読み取るかentry@net118.jp へ空メールを送ると、登録用メールが返ってくるので、案内手順に従い事前登録ができます。

おわりに

いかがでしたか?
緊急通報番号なんて、普段使うことのないものかもしれません。
しかし世の中いつ何が起こるかわかりません。
もしもの時、いざという時はいつ起こってもおかしくありません。

海上でなにか異常があったら、迷わず118番へかけられるように、しっかり意識して海に行きたいものです。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる