災害時に役にも立つ水の確保_普段の生活から利用できるグッズやサービス

災害が無ければ、お家で断水することは
無いと思いますが水の供給が
ストップした場合どうしますか?

また、登山などで外に出て遭難した場合
水の確保は死活問題です

そして普段のライフスタイルからでも
水の確保が出来るのが1番

今回は、そんな水の確保方法を紹介します

目次

1日に必要な水の量は?

生活を営むために使う水
お風呂、トイレ、洗濯、料理
飲料などに使用しています

そう考えると、かなりの量の水を
消費していることになります

日本人は1日で一人当たり200~300リットル
生活用水を利用していると考えられています

フィッシュ中山
フィッシュ
中山

気が付いていないだけで
スゴイ量の水を使っているのです

その内、飲み水として必要な量は1.5リットルと言われています
1週間なら10.5リットルですね~

また、水が無いと2~3日で
生命維持は困難となります。

体から水分が1%の損失で
のどの渇き2%の損失ではめまいや
吐き気、食欲減退など
10~12%の損失では筋けいれん・失神
20%の損失で生命の危機です

1日でも水が無い生活は、かなり苦痛なはず

だからこそ、普段から1日分の飲み水は
確保しておきたいですよね?

外で飲める水って意外とない

水なんて川や池行けば、あるじゃ~ん
と思っている人がいるかもしれないので
念のため書いておきます

山などでキレイな川があると飲めるかなって思ってしまう人もいるでしょう

少なくても、生水をそのまま飲むのは
リスク高いです

生水には、様々な菌や不純物が含まれている可能性があるからです

川の上流なんて、どんな状態になっているか分かったモノではありません

自然なので動物の死骸があったり、変なものがある可能性もあります

最悪の場合、寄生虫などが混入しています
つまり生命の危険が高い

都心や住宅地に住んでいれば綺麗な川が
近くにあること自体ないと思います

水筒

会社に水筒を持って行く人も
多くなってきたのではないでしょうか?

少なくても1日分の水は確保できますよね?

普段から使えるモノなので
1人1個持っていても
損ではないでしょう

ウォータージャグ

アウトドアするなら1個は持っていても良い

私は釣りに行く際に持って行きます

手洗いや、道具の洗い物で使用

商品にもよりますが容量の大きいモノなら
手洗いや洗い物含めて1日

飲み水のみなら、3日位は確保できます

給水袋

残念ながら事前に水の確保が
出来なかった場合でも

離れたところに飲み水がある場合は
給水袋があると助かります

行は軽い袋のなので
余計な体力を使わずに済みますね!

浄水器

アウトドア用で使える
携帯型の浄水器も存在します

勿論、大型も

持ち運びの事を考えると、携帯用を
1つ持っている方が安心ではないでしょうか?

ウォーターサーバーを設置しておく

普段から、お家にウォーターサーバある方は
災害で断水した時、ない人より
有利な状況になるのではないでしょうか?

固定式なので持ち運びの事を考えると
何とも言えませんがタンクを取り外せば
野外でも使えますよね?

広告

おススメ記事

釣りのプロ/釣りガールが教えてくれる動画_釣りビジョン_懐かしの釣りアニメもあり
人気すぎて変えないルアー_デュオ レアリスマイクロドン88S_動きは生きた魚そのもの
幸せになれるタコツボ_これさえあれば日々の悩みとおさらばさ
針がグッサリ指に刺さった。そんな時の対処方法
お魚クイズ 鯏って何て読む?答えはなんと2つある!普通は読めない魚の漢字

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる