【釣り場紹介】夜でも遊べる場所_市ヶ谷フィッシュセンタ-(釣り堀)

都会のど真ん中にある創業62年の市ヶ谷フィッシュセンターに行って来ました。市ヶ谷駅から歩いてすぐの釣り堀で、都会の忙しさ、疲れを癒してくれるのんびりとした空間です。

皆さんもTV、ドラマ、総武線、中央線の車窓から見られたことがあるかと思います。

小生は平日の15時頃にお邪魔しましたが、7~8名のお客様がいらっしゃいました。

■施設情報

住所:東京都新宿区市谷1-1

アクセス:JR総武線市ヶ谷駅 各駅から徒歩5分

     東京メトロ 有楽町線/南北線 市ヶ谷駅

     都営地下鉄新宿線 市ヶ谷駅 

営業時間:平日11:00-20:30 土日祝日9:00-20:30(5月~10月) 

料金:入場料 780円/1時間~ レンタル竿1本 500円/30分(エサ台含む)

       30分の利用毎に、釣れた中から2尾までお持ち帰り可

       エアーパッキング100円

駐車・駐輪スペース:有(自動車2~3台)

■釣れる魚:鯉、金魚

■アクアリウム系の販売もあり

鯉釣り池と金魚釣りが楽しめるだけでなく、珍しい熱帯魚やメダカ、水草などの販売もされております。アクアリウムを嗜む方の間でも有名なお店であります。

■竿選び&選び方のポイント

お金を払ったら、出てすぐ横にある竿を選びましょう。ハリスがちぢれていないか要チェックです。あとの食いに影響します。なお、竿は短竿と長竿の2種類ですが、大人ならば長竿でOKです。女性や子供は短竿がお勧めです。あとは池付近にあるタモ網を持って釣り場へいざ出陣!

■おすすめの釣りポイント

今回の釣り方で重要なのはポイントの選び方です。鯉も不規則にただ泳いでいるわけではなく、溜まりやすい場所というのがあります。四角い池の角が溜まりやすいポイントとなります。混んでいたらポイントを選びにくいですが、角ポイントが空いていたらすかさずGETして下さい。鯉GETのアドバンテージとなります。

基本的にはウキのアタリに集中しアワセる事がポイントとなります。池には鯉がたくさん泳いでおり、エサを投入するとすぐに鯉が寄ってきます。小さいアタリではグッと堪えてウキが大きく沈んだらすぐさま竿を勢いよくあげアワセます。小さなウキのアタリでは鯉の吸い込みが浅いため針が引っ掛かかりにくいのです。ウキが大きく沈んだ時は鯉がエサを深く吸い込んでおり、そのチャンスを逃さず釣り上げるのがポイントです。

このように空気が出ているところです。

■おすすめの時間帯

釣れる時間と天気について、魚は早朝か夕方に活発になります。なので、開店直後か夕方を狙いましょう。天気は気持ちがいい快晴よりも、雨が降る直前や雨が上がったあとなど、変化があった方が釣れやすいです。

照明設備もあるので暗くなっても釣りが楽しめます。夜中の釣りデートまたは一人で仕事の疲れを癒したり色々とドラマ、映画のワンシーンのような楽しい想像が出来ますよ!都会のど真ん中で夜の高層ビル群を眺めながら~!

その他の記事

岡山の釣り場紹介_向日比港_駐車場有_初心者向きで家族釣れもOK_玉野市

釣りで使えるラインカッターはこのタイプ_持ち運びに取り出しが楽で長持ち

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA