船橋港の釣り場_駅から歩いて10分。気軽に電車で行ける釣り場

今回ご紹介する釣り場は
千葉県船橋市の「船橋港」です。

船橋港といえば、他の釣り場よりも
早く「ハゼ」釣りが開始される
ポイントとして知られています。

そんな船橋港での釣りについて
以下のポイントで紹介します。

釣り場情報

釣り場である船橋港は京成電鉄の
「大神宮下駅」から約10分程度
歩いたところにあります。

駅から釣り場へと向かう道中には
コンビニや「スズハルR14号店」という
釣具屋があり、釣りをするうえでの
環境が整っています。

「スズハルR14号店」ではハゼなどの餌となる
青イソメが自動販売機で売られており
朝釣りや夜釣りでも安心して
釣りを楽しむことができます。

千葉街道を東京方面に進み
船橋市湊町一丁目の信号を左に入り
真っ直ぐ進むと釣り場のポイント
船橋港が見えてきます。

船橋港

三角帽子のような建物が目印です。

こちらの建物はトイレになっており
横に手洗い場も併設しています。

ちょっとした釣り具を洗うのにも便利。

この船橋港で紹介する
釣りポイントは3つあります

1つ目の釣りポイントは、目印のトイレの右側です。船着き場となっており、金網状の複数の桟橋があります。

ここの桟橋の上からでも釣りができます。

2つ目のポイントは、トイレと橋を跨いだ左側です。大きなトレーラーが並んでいる奥で釣ることができます。

3つ目の釣りポイントはトレーラーを右手にさらに進んだところと、千葉街道よりに少し戻った京葉道路の高架下です。

このように、船橋港周辺だけでも複数の釣りポイントで楽しめます。

釣れる魚の種類

ご紹介した船橋港の釣りポイントでは、主に夏~秋にかけて釣りを楽しむ人が多く見られ、「ハゼ」や「ウグイ」がよく釣れます。また夜だと「シーバス」が釣れる情報もあります。

ハゼ狙いで釣りをしていても、「シマイサキ」や「チヌ」などの思わぬ魚が釣れたりするのも楽しみのひとつです。

おすすめの仕掛け

船橋港で釣りを楽しむ、おすすめの仕掛けを2つ紹介します。

1つ目は延べ竿+ウキ+青イソメです。

今回ご紹介している釣りポイントでは釣る場所から水辺までの距離が短く、主にハゼを狙うなら延べ竿の長さもそこまで必要ありません。1.8m~2.7mくらいで充分です。

ウキは必須ではありませんが、延べ竿であれば当たりをわかりやすくするために、準備しておいたほうがいいでしょう。

餌は青イソメが鉄板ですが、ホタテなども食いつきが良いです。

2つ目は、スピニングロッド+ルアーです。

釣れる魚の種類でも紹介しましたが、船橋港ではシーバスが釣れます。シーバスはルアーのほうがおすすめです。

また最近はハゼもルアーで釣る人もおり、ちょい投げもできますので、スピニングロッドを利用する人もよく見かけます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最後に船橋港での釣り情報について振り返ってみましょう。

  • 釣り場情報
    • 釣り場である船橋港は京成電鉄の「大神宮下駅」から約10分程度歩いたところにあります。
    • 船橋港では3つの釣りポイントがあり、色々な場所で釣りが楽しめます。
  • 釣れる魚の種類
    • 船橋港で釣れる主な魚は「ハゼ」、「ウグイ」、「シーバス」です。
    • たまに「シマイサイキ」や「チヌ」といった魚も釣れます。
  • おすすめの仕掛け
    • おすすめの仕掛けは「延べ竿+ウキ+青イソメ」と「スピニングロッド+ルアー」です。

マナーを守り、楽しく釣りをしましょう。

その他の記事

釣れた魚を触りたくない!?触らなくても針外したりキャッチできる商品を紹介

岡山の釣り場紹介_向日比港_駐車場有_初心者向きで家族釣れもOK_玉野市

【釣り場紹介】夜でも遊べる場所_市ヶ谷フィッシュセンタ-(釣り堀)

夜間の釣りの時に役立つおススメ商品。ある/なしじゃ全く違う

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA