アニサキス_釣りで釣れた魚はいるか分からない?なんと簡単な発見方法があった!?

フィッシュ中山
フィッシュ
中山

今回は気持ち悪い寄生虫のはなし

気持ち悪くても大切な内容です

目次

アニサキス

刺身やお造りといった魚料理が好きな方に
注意が必要な存在

主に魚の内臓に潜んでいる線虫類で
生きたものを食べると
激しい腹痛に襲われる

熱処理、冷凍すれば、危険は回避できます

魚介類に寄生するアニサキス幼虫
体長が2cm~3cm
幅が0.3cm~0.6cmの
乳白色の少し太い糸のような形状

肉眼で見つけることが可能

アニサキス幼虫には成長段階によって
第1期から第3期に分かれています。

魚介類に寄生しているときは第3期幼虫
人体に入って、もこれ成長しない
人間の体内で長くは生きられません

アニサキス幼虫が成虫になるのは
クジラやイルカなどの体内にいるとき

成虫になると体長は雌で6~10cm
雄で3~9cmにもなります

アニサキス類は主に魚の内臓にいます
魚が死んで鮮度が下がると
内臓から身に移動します

アニサキスによる症状

急性胃アニサキス症
食後、数時間して、激しい上腹部痛
悪心、嘔吐などの症状から始まる
腸アニサキス症
腹痛、悪心、嘔吐の症状
時に腸閉塞や腸穿孔を併発する
※腸閉塞
腸の管がふさがれてしまった状態。
便やガスが腸の中で充満して
腹痛や嘔吐などが起こる
消化管外アニサキス症
アニサキスが消化管に穴をあけて
腹腔内に出ていき腹膜や腹壁などに
移動して肉芽腫を形成する。
その場所によって、症状は異なる。
アニサキスアレルギー
じんましんが出る
アレルギー症状が起こる。

アニサキスで食中毒になった場合

フィッシュ中山
フィッシュ
中山

基本的には
物理的に直接取り除くしかない

胃アニサキス症では消化管内視鏡で
胃の粘膜に入り込もうとしている
アニサキスを見つける

鉗子でつまんで取り除く治療を行います。

腸アニサキス症では、対処療法。
場合によっては外科手術が行われます。

アニサキスに寄生される魚たち

アジ
サバ
ニシン
タラ
ホッケ
マス
イカ
ブリ
フィッシュ中山
フィッシュ
中山

普段から買って食べているような

魚全般に存在します

お店、スーパーで買えば大丈夫?

お店の評判に関わる問題ですので
一般的にはチェックしているようです

ただし、何事にも0%は無いので注意は必要

お店の魚は鮮度を保ちながら
運んでいるので、身の方に
アニサキスが
移動している可能性は低い
です

しかし、内臓はまた別問題です。

身にいなくても内臓にいるケースもある

買った魚に内臓がある場合は
スグに除去するようにしましょう

事前の対策方法は?

一般的なアニサキス予防

〇出来るだけ新鮮な魚を買う。
〇買った魚の内臓はすぐに取り除く
〇できるだけ背側の身を刺身に使う
〇腹側の身を使う場合、腹骨をすく時に腹の身を多めに削ぐ
〇通常の目視確認に併せてUV照射する

アニサキスが発見された魚は
さしみで食べることは諦めよう

ブラックライトで確認!?

ブラックライトとは紫外線(315~400nm)を照射できるライトです。

一般でブラックライト持っている人は
いないと思いますが(;´Д`)

しかし、このアニサキス
波長370nm付近の紫外線に反応します

紫外線を身の上から照射することにより
内部に潜むアニサキスが
発光し発見できます!!

スーパーなどお店の商品はブラックライトで
確認しているのですね!!

フィッシュ中山
フィッシュ
中山

釣った魚をさしみで食べたい人は

絶対買った方が良いでしょう

 

お腹痛くなってからでは遅いです

 

本当に効くの正露丸!?

昔、死んだおじいちゃんが言っていました

どんな病気も正露丸があれば治るんじゃ

おじいちゃん、その発想はヤバいよwww
っと思っていましたが、アニサキスに正露丸が効くと言っているサイトもあります
➡ホントかよ!?

で何となく商品調べると・・・

商品PRにアニサキスに効くって書いてます

本当に効くかは、アニサキスに寄生され
正露丸を飲むというハードルがある

自分の体で検証するわけには
いかないが( ^ω^)・・・

広告





おススメ記事

人気すぎて変えないルアー_デュオ レアリスマイクロドン88S_動きは生きた魚そのもの
幸せになれるタコツボ_これさえあれば日々の悩みとおさらばさ
釣りのプロ/釣りガールが教えてくれる動画_釣りビジョン_懐かしの釣りアニメもあり
針がグッサリ指に刺さった。そんな時の対処方法
防波堤で初心が楽しい釣り方BEST3 簡単な釣り方だけランキングにしましたお魚クイズ 鯏って何て読む?答えはなんと2つある!普通は読めない魚の漢字
ネットで稼ぐ方法とは?フィッシュ中山の考察

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる