MENU

伊豆諸島で釣れる魚「アカハタ」の攻略法_釣れるポイント&釣り方&食べ方

伊豆諸島で釣れる魚「アカハタ」について

・アカハタの簡単な紹介
・釣れるポイント
・釣れる時間帯
・オススメの釣り方
・美味しい食べ方

について紹介したいと思います。

アカハタは、伊豆諸島ではよく釣れます。

離島遠征を考えている人は必見です!

アカハタ

アカハタ

アカハタはスズキ目ハタ科マハタ属。
綺麗な赤い色が特徴の根魚。
横筋と白い斑点も特徴。

アカハタ

筋や斑点の濃さには個体差があります。
40センチほどまで成長します。

しかし、よく釣れるサイズは30センチ前後。
30センチ前後でも強い引きを楽しめます。

40センチ近いサイズはかなり引きます。

また、キロ単価3000円以上になる高級魚です。

味もよく、人気の高い魚です。
伊豆諸島では非常によく釣れます。

周年釣ることができますが、旬は夏
夏のアカハタは脂が乗っておいしいですよ。

アカハタの釣れるポイント

アカハタは伊豆諸島ではどこでも狙えます。

磯はもちろん、堤防からでも釣れます。

また、遠投は必要ありません。

足元でも釣ることができます。

40センチ近いアカハタでも足元にいます。

初心者は、堤防の足元で狙うのが楽ですよ。

アカハタの釣れる時間帯

アカハタは時間帯を選びません。
お昼でも夜でも釣ることができます。

暑い夏は涼しい夜に。

寒い冬は暖かい日中に。

そうして時間を選ぶといいかもしれません。

離島は魚が釣れやすいです。

それでも釣れない時間帯はあります。

そのようなときでもアカハタは釣れます。

ルアー釣りやカゴ釣りで釣れないとき。

足元でアカハタを狙ってみてください。

きっと期待に応えてくれると思います。

アカハタのおすすめの釣り方

アカハタ仕掛け

アカハタのおすすめ釣り方。
それは、ぶっこみ釣りです。

ぶっこみ釣りは仕掛けが簡単です。

そのため、初心者にもおすすめできます。

先述しましたが、遠投は必要ありません。

足元でも釣れます。

伊豆諸島の堤防は長いです。

足元を探りながら歩いてみましょう。

夜釣りでは、ちょい投げして待ちましょう。

仕掛けについて

・エサは匂いが強いサバやイカの切り身。
・針は丸セイゴ18号やムツ針18号
・ハリスは、10号近くをおすすめします。

※仕掛けは強すぎるくらいで問題ありません。

伊豆諸島は、ウツボが非常に多いです。
思わぬ大物に出会う可能性もあります。
そのため、強すぎるくらいが丁度いいです。

また、アカハタは警戒心が薄い魚です。
ハリスが太くても食いついてきます。

オモリは20号以上がおすすめです。

潮が早いため、重い方が使いやすいですよ。

また、足元でも根がかりは多いです。

アカハタ釣りではオモリの予備を忘れずに!

アカハタのおすすめの食べ方

アカハタのおすすめの食べ方

・煮つけ
・刺身

煮つけ

アカハタの煮つけ

根魚全般は煮つけがおいしいですよね。

アカハタも例外ではありません。

アカハタはかなり筋肉質です。

煮つけで食べてもぷりぷりしています。

どこでも釣れるカサゴとアカハタ。

食べ比べしてみるとわかりやすいですよ。

煮つけるときには切り込みを入れましょう。

魚の身に味がしみ込みやすくなります。

ぶつ切りや三枚おろしだとよりよいです。

しかし、頭は捨ててはいけません。

ほほ肉がおいしいですよ!

アカハタの刺身

アカハタの刺身

アカハタは刺身も非常においしいです。

特に夏の脂の乗ったアカハタの刺身は絶品。

先述しましたが、アカハタは筋肉質。

厚く切ってしまうと、硬くて食べづらい。

そのため、刺身で食べるときは薄切りで。

1日~2日寝かせると柔らかくなります。

寝かせることで、うまみも凝縮されます。

刺身なら寝かせるのがおすすめですね!

さいごに

「アカハタ」について紹介しました。

赤く綺麗でおいしい高級根魚。

伊豆諸島では、非常に馴染み深い魚です。

また、初心者でも簡単に釣れます。

離島遠征を考えている方にはおすすめです。

その際、この記事が参考になれば幸いです。

プレミアムバンダイ

その他の記事

アユ釣りのメッカでイワナやアイゴも釣れる_岐阜県_渓流釣り_馬瀬川

釣りに役立つ無料アプリ。最新グッズはココでチェックスマートニュース

直火OKなの!?車がなくても行ける。神戸_洞川教育キャンプ場

コメント

コメントする

CAPTCHA