MENU

熱中症に注意!!釣りの時の暑さ対策 夏なら、この暑さ対策グッズ&服装がおススメ

夏の暑い時期でも釣りがしたい!!

でも長時間、外で暑さにさらされていると熱中症になる可能性も高く、その場で倒れて周りに人がいなかったら大変💦

そんな熱中症のリスクを下げて快適に過ごすことが出来る、暑さ対策グッツを紹介していきます。

\ 人気のページはコチラ/

グローブ

普段から素手で釣りしてる人も、本当に暑い日はグローブが必要かも?

長時間の昼まで粘っていると、色々な道具がアツくなって触るのが大変かもしれないので。

インナー

シャツ

長時間外に滞在することを考えると、長袖のタイプの方がイイだろう。

暑いからと半袖でいると直射日光の当たる腕がとんでもなく暑くて公開するなんてこともある。

どちらにしても夏用の吸汗速乾のシャツを選んだ方が無難

パンツ

シャツの話と同様で吸汗速乾を選ぶのが良いでしょう。

主に汗をかいてデリケートゾーンが濡れたままだと気持ち悪くなってくるので普通のパンツをはくより絶対に良いです。

帽子など

釣りをしている人なら既に持っていると思う帽子。

釣りやアウトドア用のキャップなら普通のファッション用の帽子より唾が長いのが多いですよね?

やはり日差しが直接、目や顔に当たるのはツライので用意したい。

インナーキャップ

帽子を直接被っていると、帽子が汗臭くなる。

帽子を洗う事なんて、そんなにないから匂いが気になる人はインナーキャップも装着することをオススメしたい。

仮に暑くて汗をかいてもインナーキャップが受け止めてくれるので、汗が目に入る心配もなくなります。

また日が出てくると首の後ろが主に熱くなってくるので首回りもカバーできるインなキャップがおススメ。

偏光グラス

水面の反射も抑えられるので一石二鳥

釣りの場合なら偏光グラスも欲しいところ。

長時間、強い日差しが目に入るのは健康上よくないということもあるし、疲れも軽減できるはずだ。

また眼鏡をしている人はオーバーグラスもあるので、購入に困ることは無いだろう。

アイスネックバンド

どうしても熱いのが苦手という人はアイスネックバンドもオススメ。最近はこのタイプが増えてます。

釣りに行くから機械系の首掛け扇風機などよりは保冷材系のアイスネックバンドが良いでしょう。

冷感スプレー

コレを吹きかければ長時間、外にいても苦しくない!?

私は毎年お世話になっています。

冷感スプレーがあれば暑くても、快適な状態を持続的に過ごすことが出来ます。

ドラッグストアでも売っているので入手は簡単♪

ただ深夜や早朝に出発するなら事前に準備しておいた方が良いだろう。

タオル

別に無くても困らないと思うが、念のためタオルも用意したいのなら冷感系のタオルがイイだろう。

普通のタオルよりヒンヤリするので気持ちいこと間違いナシ。

温度計

100均に売っているような安物でも良いとは思うので温度確認できる状態が良いかも?

ただ釣りに行くなら水温も図れるタイプを持って行く方が、お得かもしれませんね。

車用サンシェード

暑い中頑張って釣りをして帰ろうと思っても、車の中がアツいとスグに出発できない・・・なんてよくありませんか?

こうなるとクーラーを全開にして10分以上車の外で待機しなければいけないこともシバシバ。

お仕事で車通勤される方、お買い物で駐車場に車を置くことが多い人にも有効!!

釣り以外の場面でも利用できるし、紹介するのは折りたたみ傘の使用なので携帯性にも優れてて、おススメできます。